腹式呼吸って大事です

おはようございます。石川県小松市のせきど接骨院の関戸です。

10月も終わりに近づいてきましたが、今日はお天気も良く過ごしやすい一日になりそうですね。

さて、本日は呼吸についてのお話です。

呼吸には胸式呼吸腹式呼吸の2種類の呼吸があります。

せきど接骨院に来られる患者様で、骨盤矯正や産後整体、腰痛などでお困りの方に、腹式呼吸を使った体操を指導することがあるのですが、なかなか腹式呼吸がうまくできない方がおいでます。

しかし、この腹式呼吸はとても大切な呼吸法なんです。

普段、起きて生活している間は、私たちは胸式呼吸を使っています。胸式呼吸は胸周辺の筋肉を使い、沢山の酸素(O2)を取り入れることができます。しかし、肩や首・喉等に力が入りやすく、交感神経の興奮や、筋肉の硬直が起きてしまいやすい呼吸でもあります。

一方で腹式呼吸は、横隔膜を使った呼吸法で、肩や首、喉等の余計な筋肉を使うことなく、副交感神経を優位にし、とてもリラックスできる呼吸方法なんです。一般に寝ている間の呼吸は腹式呼吸になっているといわれています。

 

 

では、この腹式呼吸にはどんな効果が期待できるのしょうか??

1.インナーマッスルが鍛えられる

2.代謝のアップ

3.お腹周りの引き締め

4.免疫力の向上

5.脂肪燃焼

6.ストレスの軽減

7.自律神経の整え

8.血行の改善(冷え性予防)

9.老化防止

10.内臓機能の向上

11.声量があがる

骨盤や脊椎の安定をはかる姿勢改善やダイエット、内臓や血流、ストレス軽減、自律神経までだくさんの効果が見られますね。声量も上がるので、歌手の方も良くこの呼吸法を行ってますね。

このような効果が期待できるので、自律神経失調症やうつ・更年期障害、不妊症などの症状の方にもおすすめです。

 

それでは簡単な腹式呼吸のやり方のご紹介です。

基本的な腹式呼吸の方法は

「鼻から息を吸い、口でゆっくりと吐く」

です。

①背中をまっすぐに伸ばした状態になります。(座る・寝る・立つどれでも可)

②下腹に力を入れてお腹を膨らませながら、鼻から大きく息を吸います!!(この時に肩に力が入らないように注意してくださいね)

③ゆっくりお腹の力を抜いて口でゆっくりと息を吐きます。(10秒以上かけて行えると理想です)空気を全部、限界まで吐き出すつもりでゆっくりと行ってくださいね。

このゆっくりと息を吐くというのがとても重要です。

皆さんも是非、実践してみてくださいね!(^^)!

 

石川県小松市せきど接骨院

骨盤矯正・産後骨盤矯正・交通事故治療・むち打ち治療・フェイシャルリフトアップ・テーピング・スポーツコンディショニング・筋力トレーニング・保険診療

石川県小松市島町ル65 島町旧公民館内 

TEL 0761-58-0407

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です