捻挫後にしておきたい予防

こんにちは。石川県小松市のせきど接骨院の関戸です。

今朝はサッカー日本代表とベルギー代表の試合があり、早起きしてテレビで観戦しました。皆さんは観られましたか??

早いもので、11月も中旬となり今年も残すところ1っカ月半となりました。皆さんいかがお過ごしでしょうか??

外でのスポーツでは、シーズン最後の試合になる方が多いですね。

この時期に運動される方で最近多くみられる怪我が、肉離れ捻挫です。この二つの怪我はしっかりとケアしないと完治するまでに、再発を繰り返しやすい怪我なんです。

今回はその中でも多く見られる足関節捻挫の再発予防について書きたいと思います。

捻挫をした直後は

RICE・・・安静、冷却、固定(圧迫)、挙上 といった応急処置を行います。

そして、痛みや腫れが引いてきたら、関節を固くしないためのストレッチングや治療中に弱った筋肉や、足首を守るための筋トレ、バランストレーニングを行います。これを怠って、競技復帰してしまうと再発率が高くなってしまうのでとても大切です。

開始時期は症状によりますが、1~3週間後から始めましょう。(早期の回復を目指す場合は3~4日で始めるとよいです)

●ストレッチでは足首を回すのがおすすめです。またアキレス腱のストレッチもしっかり行っておきましょう。

●筋力トレーニングでは、足首を内側にひねってしまった捻挫の場合、ふくらはぎの外側にある筋肉(腓骨筋)を鍛えましょう!!足首を外側にかえす運動(足の外がえし)。ゴムチューブを使って行うのもいいですね。

●バランストレーニングでは片足立ちやバランスディスク等を行うとよいです。この際に筋力が戻っていないと踏ん張りがきかずに怪我をしてしまう恐れがあります。

ですので順番としては

1可動域改善(接骨院等での関節運動の正常化を行う)、ストレッチング

2筋力トレーニング

3バランストレーニング

の順で行うとよいです。

※痛みが出る場合は無理に行わないようにしてくださいね。

今回はご自宅でできる簡単な再発予防について書きましたが、早期回復に向けては、いろいろなトレーニングがありますのでお気軽にお尋ねくださいね。

せきど接骨院では患部の安静を保ちつつ、早期からのリハビリを行っています。早期に行うことにより、患部の回復を早めたり、筋力の低下や関節拘縮を最小限に抑えたり、バランス感覚を保つ受容器の動きを悪くしないといったメリットがあります。

その為、再発予防や早期回復・早期復帰に繋がります。

皆様もたかが捻挫と侮らず、再発予防の為に是非とも捻挫後は筋力トレーニングやストレッチング・バランストレーニングを行ってみてください。

その前にまずは怪我をしないようにウォーミングアップやクールダウンをしっかりと行うようにしましょうね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

石川県小松市せきど接骨院

骨盤矯正・産後骨盤矯正・交通事故治療・むち打ち治療・フェイシャルリフトアップ・テーピング・スポーツコンディショニング・筋力トレーニング・保険診療

石川県小松市島町ル65 島町旧公民館内 

TEL 0761-58-0407

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です