慢性的な膝の痛みを改善するには

こんにちは。石川県小松市せきど接骨院の関戸です。

12月に入り、ここ北陸・石川県では、地面が白くなる日もチラホラとみられてきましたね。皆様はもう、お車のタイヤ交換はしましたか??この時期は、急な天候の悪化などにより路面状況や視界がわるくなり、交通事故が多くなる時期ですので、安全運転を心がけ、早めのタイヤ交換で少しでも事故に遭う可能性を低くしていきましょうね。

さて、本日は膝の痛みについてのお話です。

膝の痛みにはいろいろな種類がありますね!!

せきど接骨院で保険診療を行える、骨折や脱臼・捻挫や打撲などの急性による外傷は安静にし、適切な治療を行えばある程度短い期間で完治できます。

重度の骨折・脱臼・靭帯損傷や、軟骨・半月板等では病院での手術が必要な場合もありますね。

今回はそんな膝の痛みの中でも、来院される患者様の中でも悩まれる方が多い1年以上続く慢性的な膝の痛みについてです。

慢性的な膝の痛みの原因も数多くあります。

①膝関節自体の変形

②軟骨のすり減り

③半月板の損傷

④姿勢が悪い・体重の増加・筋力の衰え、生活習慣(膝に負担のかかる動き)が多い等、、、

①~③の場合は軟骨や骨の変形は残念ながら元には戻りません。

原因が④のみ場合はその原因を正せばもとに戻すことは可能です。

では①~③が原因の場合は、手術や注射以外では痛みが変わらないのでしょうか??

 

そんなことはありません!!!!!

 

しっかりと身体全体を調べて、生活習慣や癖、筋肉のつき方を確認し、その原因を改善することで痛みを改善することが可能です。

先日来院された患者様で長時間座っていたり、5分程度歩いたりすると痛みが出現し、夜に寝ている際にも痛みが出ていた状態でしたが1時間の歩行が可能となったケースをご紹介します。

この患者様にはまず、骨盤の左右の高さの違いがあり、骨盤矯正にて正しい位置にしました。そして、痛い方の膝の太ももの外側の筋肉のストレッチングと内側の筋肉のトレーニングをできるだけ毎日行ってもらいました。

すると、膝の位置が正しくなり、動きが改善し歩行時の痛みが改善しました。

 

このように軟骨が減っているといわれたり、膝の関節の変形があっても、それが痛みの原因ではなく、筋肉の炎症やかたさ、筋力低下が原因のケースもあります。

そんな場合はストレッチングや筋力トレーニング・姿勢の矯正、身体の使い方を変えれば痛みはとれます。

慢性的な膝の痛みでお悩みの方は、身近な病院の先生や治療院の先生に一度相談し、正しい対処の仕方を判断してもらってくださいね。

 

石川県小松市せきど接骨院

骨盤矯正・産後骨盤矯正・交通事故治療・むち打ち治療・フェイシャルリフトアップ・テーピング・スポーツコンディショニング・筋力トレーニング・保険診療

石川県小松市島町ル65 島町旧公民館内 

TEL 0761-58-0407

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です