あなたの腰痛はどこからの痛み?腰から骨盤から??

こんにちは。石川県小松市の接骨院のせきど接骨院です。

せきど接骨院に腰痛や骨盤矯正で来院される患者様の多くは、「腰が痛いんです、、、」とおっしゃられてきます。

腰痛には大きく分けて、腰の骨の腰椎からの痛み骨盤の仙腸関節という関節からの痛みがあります。最近、腰痛で来院される患者様の症状で腰椎ではなくこの仙腸関節からの痛みの患者様が多くみられます。

では、その仙腸関節ってどんな関節なのでしょうか??

仙腸関節とは?

仙腸関節は骨盤の「仙骨」と「寛骨」の間の関節です。関節といってもつなぎ目になっている様な関節で3~5ミリ程度の隙間しか空いておらず、靭帯によって強く結びついている為にほとんど動かない関節なんです。

ですが、骨盤自体は頭や背骨を支える土台で、また足腰を動かす基軸となる部分です。せきど接骨院でも姿勢や痛みに骨盤矯正をメインで行うのは、身体でも最も重要な部分が骨盤だからです。この骨盤が、歪んだり、前に加齢や出産後、前に傾いたり開いたりすることで、上半身すべての骨に歪みを与える原因となります。その結果、腰が曲がったり、姿勢が悪くなったり、腰痛が起こりやすくなります。

 

仙腸関節に異常があるとどうなるの?

以前まで仙腸関節は腰痛の原因にあまり関係ないといわれてきましたが、このほとんど動かない関節がずれたり、不具合が生じると骨盤に不具合が生じることで骨盤の機能が低下して腰痛を引き起こす原因になるのです。

この仙腸関節は微妙に動くことにより、腰椎にかかる負担を減らすクッションの役割を果たしています。背骨もS字カーブになっているのはその為です!!

そのクッションがなくなることで腰に大きな負荷がかかるようになり、腰痛を引き起こします。また筋肉が固くなって、骨盤周囲の血流が悪くなる・代謝の低下・冷え・むくみ・肥満・生理痛、生理不順・不妊・便秘など腰痛以外にも様々な症状を引き起こします。この骨盤の異常は特に出産後に多いといわれています。

 

どうして骨盤(仙腸関節)異常が起こるの??

強い衝撃や悪い姿勢・悪い生活習慣で仙腸関節が引っかかっるロッキングが起こるからです。

●ロッキングの原因

・頻繁に前かがみや中腰姿勢をする

・腰をそらすことが多い

・地べたに座ることが多い(横すわり等)

・スポーツや交通事故により強い衝撃を受けた

・長時間同じ姿勢で座りっぱなし・立ちっぱなし

・出産をした など

腰に疲れやだるさ、凝り、ハリといた違和感や軽い痛みを感じている場合、仙腸関節にも不具合が生じている場合があります。軽い症状だからとごまかしていると、知らず知らずのうちに痛みを避ける姿勢や動き方をしてしまい、さらに骨盤のずれがおこりやすくなります。症状が軽いうちに不具合を治すのがとても大切です。

ロッキングが進行しないように自宅でのストレッチや腰に負担のかけない生活習慣を心がけていきましょう。

せきど接骨院の骨盤矯正・産後骨盤矯正ではこの仙腸関節の調整も行っておりますので違和感を感じたら症状がひどくならないうちに、お気軽にご相談くださいね。

 

石川県小松市せきど接骨院

骨盤矯正・産後骨盤矯正・交通事故治療・フェイシャルリフトアップ・テーピング・スポーツコンディショニング・保険診療

石川県小松市島町ル65 島町旧公民館内 0761-58-0407

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です