冷え性と食事・栄養と骨盤の歪み

こんにちは。石川県小松市のせきど接骨院です。

今日はあいにくの雨模様ですね。今年は例年よりもはやく、朝晩が涼しくなり長袖が必要になってきました。

寒くなってきてよく、せきど接骨院に来られる患者様でよく尋ねられてたり、悩まれたりしているのは、手足の冷え、、、

そう「冷え性」です。

今日は冷え性について書いていきたいと思います。


冷え症とは

冷えや低体温は万病の元といわれます。

症状としては、肩こり、頭痛、腹痛、不眠、また不妊も冷えが原因ではと言われています。

冷え性の原因

多くの方にあてはまる冷えの原因は生活習慣で、大きく分けると

  1. 食生活乱れ
  2. 姿勢(骨盤)の乱れ

があります。ほかにも冷暖房の使い過ぎや運動不足、喫煙、ストレス等の生活環境がありますが、今回は最も大きな原因であるこの二つについて書いていきます。

①食生活のみだれの改善

まずは身体を温める食べ物で代表的なものを紹介します。

・にんじん

ビタミンA・ビタミンEを含んでます

ビタミンA・・・健康な血を作る役割もってます。

ビタミンE・・・血行をよくする役割をもってます。

・ごぼう

水溶性の食物繊維を多く含み、血行を良くしてくれます。

またイヌリンという成分も含まれていて利尿作用があり、身体を冷やす原因の水分を排出してくれます。

・ワカメ

水溶性食物繊維・ビタミン・ミネラルを含みます。

ビタミン、ミネラルは血行を良くし余分な水分を排出してくれます。

・梅干し

最後は梅干し。塩分、クエン酸を多く含み血行を良くし、身体を温めやすくしてくれます。

このように、ビタミンやミネラルは冷えにはとても大切ですが、なかなか食べ物だけでは補えないことも多く、また、最近の野菜などは昔に比べ、栄養素が減っているとの話もあるので、漢方やサプリメントも併用するのもよいかもしれませんね。

②姿勢の乱れ

なぜ、冷えの原因に骨盤が重要??

それは、骨盤に付着している筋肉が過度に緊張していると、胃腸の働きが低下し、内臓の血流が悪くなるためです。

その状態が続くと、身体の深部温度が低くなり、身体の深部が冷えてしまいます。

身体の深部が冷えると、大切な臓器への血流が優先され、手足への血流が滞りやすくなるからです。

★補足★

また、平均体温が1℃低下することで、免疫力の低下するともいわれており

体温が低いと、基礎代謝が低下し新陳代謝が悪くなり、太りやすい体質になると考えられています。

冷えってこわいですね(”_”)

 

せきど接骨院では骨盤矯正のほかにも栄養指導や生活習慣の指導もおこなっており、冷え性や不妊、健康的なダイエット等のお悩みにも対応しているので、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

石川県小松市せきど接骨院

骨盤矯正・産後骨盤矯正・交通事故治療・むち打ち治療・フェイシャルリフトアップ・テーピング・スポーツコンディショニング・筋力トレーニング・保険診療

石川県小松市島町ル65 島町旧公民館内 

TEL 0761-58-0407

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です